オフィス岸井は、

公認心理師による信頼できるカウンセリング・ルーム

として

神戸新聞社のマイベストプロに登録されています。

 

 


サイト紹介


神戸のカウンセリング・オフィス岸井
神戸の字カウンセリング・オフィス岸井
神戸のカウンセリング・オフィス岸井


カウンセリング・オフィス岸井とは?

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・不登校

<職場や学校の不適応・対人関係に>

 カウンセリング・オフィス岸井は、神戸にある、学校・職場・対人関係などにおける不適応やうつ・不登校・不安障害の問題でお悩みの方々の相談に応じる神戸の心理相談オフィスです

 

  その他学校や職場の不適応や対人関係や生き方の悩みなどさまざまな問題や、やる気が起きない、周囲の目が気になる、集団に入れないなどの問題にも豊富な経験をもとにご相談に応じます

 

社会的スキル・トレーニングやアサーショントレーニングなども用意しています。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒不登校について

⇒不登校になった時に親はどうすればよいか

アサーション・認知トレーニング

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・カサンドラ症候群

<発達障害やカサンドラの問題に>

大人のうつや様々な不安や悩み、神経症・大人の発達障害等からくる生きづらさや人間関係の問題などさまざまなお悩みにも対応いたします

 

特に大人の発達障害に関しては、ワーキング・メモリーや聴覚認知・視覚認知の弱さに対する「認知のトレーニング」を用意して、多くの方に「うっかりミスが減った」「聞く力や見る力が付いた」等の声をいただいています。

 

 さらにご本人の問題だけでなく、ご夫婦の問題としてカサンドラ症候群などが問題になっていますが、ご夫婦の問題として一緒に取り組ませていただきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

認知トレーニング

カサンドラ症候群とは

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・うつ病・ひきこもり・アダルトチルドレン

<アダルトチルドレンやうつ、ひきこもりの問題に>

最近多い相談が「私はアダルトチルドレンではないか」という不安を持たれた方です。同時に抑うつ気分に悩まれたり、怒りの爆発・虐待等に結び付く状態で苦しまれています。

 

背景に過去の家族の問題、たとえばアルコール依存の親、被虐待の体験、機能不全家庭に育った不全感や自信のなさ、無力感や愛着障害なども影響します。

 

なかなか過去を振り返るのは辛いですが、立ち向かう勇気を出してご相談下さい。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

アダルト・チルドレンについて

⇒ひきこもりの理解と対応

⇒愛着障害

⇒止まらない怒りにどう対処すればよいか


*当オフィスでは1回限り、あるいは数回のみの面接はお受けしておりません。

  あくまでも、ご自身の問題に取り組むため、原則として1~2週に1回の継続面接に限らせていただいています。

  月に1回と言う面接も、効果の点からお引き受けしていません。その点、ご理解下さい。


① 面接予約は電話・メールで!スカイプ面接も可能

 当オフィスは完全予約制となっています。   

  初回はまず簡単にお話を伺い、当オフィスの利用にあたっての説明・打ち合わせ面接をさせていただくため、初回面接は無料です。

 

  ただし、あくまでもお悩みの問題に継続して取り組むことを前提とした継続面接を原則としています。ですので1回のみ、あるいは数回の面接はお受けしていません。 

 

  それをご理解の上、面接を希望される方は、 電話:090-1243-9646        または予約メールにてお伝え下さい。

 

詳細は以下をご覧ください。

料金について

予約の申し込

②その後、ご希望の曜日・時間をお知らせください

  開室日については上のメニューから確認お願いします。その上で希望の曜日と時間帯をお知らせ下さい.

 

  なおすでに他の方の予約が入っている場合もありますので、できれば第3希望ぐらいまでお伝えください。

  

詳細は以下をご覧ください。

開室時間の確認

予約の申し込み

うつ病 カウンセリング 神戸 オフィス岸井

③キャンセルはできるだけ早くお願いします。

キャンセルは原則として1週間前までにご連絡ください。突然の体調不良や交通機関のトラブル、天候悪化等はもちろん考慮させていただきます。

 

  それ以外のキャンセルに関しては、キャンセル料をいただくことになります。

 ご注意ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

キャンセル・遅刻について

うつ病 カウンセリング 神戸


カウンセリングとはどんなことをするのですか?


<言葉によるカウンセリング>

言葉によるカウンセリングでは、カール・ロジャーズによるクライエント・センター・セラピー(クライエント中心療法)をベースにしています。

 

  それをベースに必要に応じて、認知行動療法やユングによる深層心理学をベースにした会話による心理療法を行っています。

C・ロジャーズ

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒言葉によるカウンセリング

<アート・セラピー、夢分析等>

言葉による面接がどうも苦手だ、あるいはイメージを用いた面接が有効だと感じた場合には、絵画療法・コラージュ療法・箱庭療法などのアートセラピー、あるいは夜に見る夢を持ってきていただいた夢分析などを行っています。

 

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の箱庭療法

<認知のトーレニングやアサーショントレーニングなど>

対人関係で「どうも自分の本当の気持ちを押し殺してしまいがちだ」あるいは「自分に自信が持てなくてなんといって良いかわからない」というような場合には、無理のない自己主張(アサーション)トレーニングを行います。

 

  また発達障害の傾向があり、見る力・聞く力・覚える、思い出す力・集中して物事に取り組む力に弱さがあるという場合には、「認知のトレーニング・プログラム」を用意しています。




その他・お知らせ

注!2020年度アートセラピー勉強会についてのお知らせ

 

ご存じの通り、兵庫県にも新型コロナに関する緊急事態宣言が出されました。

そこで参加者の皆さんの健康への不安を考え、誠に残念ですが、2020年度のアートセラピー勉強会<体験グループ><事例検討グループ>共に中止をさせていただきたいと思います。

 

楽しみにされていた方々には、誠に申し訳ありませんが、ご理解ください。

 

何か不明な点があれば、どうぞ岸井までメール・電話等でお伝えいただきたいと思います。

<全国各地からスカイプ・電話による面接の希望をお受けしています>

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の電話・スカイプによる面接

オフィス岸井は直接対面面接だけでなく、スカイプや電話による面接も行っています。これまで全国各地からスカイプ・電話による面接を実施してきました。

 

交通費もかからず、自宅にいても可能なため、遠隔地や周囲に相談していることが知られたくない場合にはどうぞご希望ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒スカイプや電話による面接

<専門家向け>グループ・個人研修プログラム

神戸のカウンセリング・オフィス岸井のアートセラピー勉強会

◆アート・セラピー・グループ研修◆

オフィス岸井ではこれまで毎月に1回、アートセラピーを中心としたグループ研修会を続けて好評をいただいています。今後もグループによる研修会は継続していく予定ですので、参加希望の方はどうぞご連絡下さい。来年度の計画は検討中です。今しばらくお待ちください。

 

◇個人研修・教育分析プログラム◇

加えて「グループでは十分に検討・消化していく時間が足りない」「もっと自分の専門的な力量を深めたい」という声も多く聞かれることから、個人を対象とした「教育分析」「ケース・スーパービジョン」「専門的分析力をより深め、さらに実践に役立つ力量を身につける」等を目的とした個人研修プログラムも用意いたしました。

 

具体的な内容は希望者を相談させていただきながら、実践に生きる専門的力量を身につけていただくプログラムとして行きたいと思っています。

 

来年度は最大3名を予定していますので、ご希望の方はお早めにお申し出下さい。

 

 詳細は以下をご覧ください。

 ⇒カウンセラーへの専門的研修プログラムについて




☞最新ショート・コラムについて


☆彡こころのテーマ別ショートコラムはこちら


最新のショート・コラムはこちらから読むことができます。

皆さんの興味関心のある、不登校・発達障害・アダルトチルドレン・ひきこもり・アンガーマネージメントなどなど、さまざまなテーマでショート・コラムを独自の視点からまとめてあります。 興味のある方はゼヒ!

上記のカテゴリーについて、岸井の経験と分析をもとにショートコラムにまとめてあります。興味があれば一度お読みいただければ幸いです。


☆彡こころを描いた映画や本の紹介コラムはこちら


こちらからは、岸井がこれまで観賞した「こころを描いた映画・本」について簡単な紹介ショート・コラムを載せています。


神戸のカウンセリング・オフィス岸井の最新ショート・コラム


☟ブログ<時どき 静かに>最新記事

*その他の記事はこちらからご覧ください。

 すべての記事をテーマ別に検索して読めます。 ⇒これまでのブログ全記事(検索もできます)


「失ったこと」で「気が付くこと」、そして「忘れていくこと」と「物語ること」 -2-

さて前回は「失うこと」で「気づかされること」について、そして私たちはいつの間にか再びそれを「忘れてしまう」ことについて書きました。

 

「失うこと」と「忘れること」は同じではありません。ある歴史学者たちの対談の番組を見ていると、感染症の歴史を研究していた時「なぜ人はこれまで何回も感染症に見舞われ、あれほど苦しい悲惨な目にあいながら、それをいつの間にか忘れてしまうのだろう?」という疑問が湧いてきて師匠に質問したといいます。すると師匠は「それはね、○○君、風景が変わらないからだよ」とおっしゃったということです。

 

確かにここ数十年の単位で日本は「阪神淡路大震災」「東日本大震災」などと甚大な自然災害に見舞われました。そしてその被害に合った地域では沢山の建物が破壊され、焼失し、失われていきました。その意味では日常の「風景」そのものが一変してしまったのです。

 

私も阪神淡路大震災で色々な体験をしました。自分自身の家は部分損壊だったのですが、ボランティアに出かけた兵庫駅の周辺では信じられないように風景が一変していましたし、ボランティをしながら余震に会い、窓から外を見ると崩れかけていたマンションがさらに崩れていく光景が感じられたりしたものです。そういう「目に見える」光景・風景の記憶は確かになかなか「忘れられない」というか「思い出すこと」ができます。

 

しかしこの度のような感染症は確かに外出の自粛で閑散とした街並みがテレビに映し出されはしますが、自粛が解除されると再び以前の風景にすぐに戻ってしまします。そういう意味では今回の経験は今でこそ私たちの記憶に焼き付いていますが、しばらくすると何もなかったかのように「忘れてしまい」やすい体験なのかもしれません(こういうことを書きながら、ニュースに目をやるとなんと政府は「専門家会議の議事録」を残していない、と言います。これでは今回の未曾有の体験もすぐに忘れられてしまうでしょうね)。

 

これでは過去の経験が未来に生きないということになりかねません。困ったもんです。

長くなるので次回へ続けます。

0 コメント

「失ったこと」で「気が付くこと」、そして「忘れていくこと」と「物語ること」 -1-

みなさん、このブログをお読みいただくのも久しぶりかもしれません。

みなさんご自身や身近な方に新型コロナの影響はなかったでしょうか。実際に罹患したり、身近な方を失ったり、様々な困難に見舞われた方もいらっしゃるかもしれません。心から心配しています。私自身は今のところ、何とかこれまでと同じような生活に戻りつつあります。

 

それにしても新型コロナはこれまでにない影響を私たちに与えてくれたようです。

今回はそのことについて少し考えてみたいと思います。

 

今回の新型コロナ感染症の第1波を経験し(もちろん今も経験しつつあります。過去形ではありませんね。)、特に外出自粛によって私はこれまでになかった気持ちが湧いてきました。それは月並みなことかもしれませんが失うことで気づく「当たり前の風景の貴重さ」とでも言う様な気付きです。これは皆さんも実感されたのではないでしょうか。

 

毎日交通機関で職場へ向かったり、生活に必要なものをスーパーやお店に買いに行くことさえ、自粛を要請されて初めて、「当たり前の風景が当たり前でなくなったことの動揺」を感じました。

これは突き詰めて言えば「生きていること自体」は「死に向き合うことでしか直面できない」ということでもあります。

 

志村けんさんや岡江久美子さんが亡くなったという現実に向き合って初めて、「人が生きてこの世にいたことへの感謝」を感じました。「私たちが生きている」というこの世に生まれ落ちてこの方、特別意識もしなかったこと自体、「失わなければ気づかない」という逆説的な現象なのですね。

 

しかし同時に、この「生と死」や「存在と消失」「意識と無意識」は大げさに言えば人類がこれまで繰り返してきた経験であり、ある意味当然のことなのに何で今更ながら「はた!」と気が付かされるのでしょうか。

 

それは私たち自身が様々な経験を「忘れてしまう」存在だからでしょうね。テレビで専門家が人類がこれまでたびたびペストやコレラ、最近ではSARS(サーズ)やMERS(マーズ)などの感染症に見舞われながら、なぜ今回の新型コロナにここまで振り回されなければいけないのだろうか?という問いかけをしていました。

 

確かに今回かなり適切な対応をした韓国や台湾では、以前にサーズなどの感染症で痛い思いをして、その記憶が新しいうちだったので、政府も国民も対応の心構えがあったのではないか、という解説を聞いたことがあります。確かにそうかもしれません。ですから世界中の国は今回の痛い体験を忘れることなく、今後また必ず襲いくる第2波や新しい感染症に備えて準備をしておくことが大切なのだと思います。

 

しかしそれでも人類は今回の新型コロナと比べても比較にならない被害を出したペストやコレラ、エボラ出血熱などの感染症の教訓が十分に行かせているとは言えないのが現実です。なぜ私たちはそういう経験を「忘れてしまう」のでしょうか。そしてそれに対して「どう対応すればよいのでしょうか」。

 

長くなるので、とりあえず今回はここまで。近いうちに続きを描きます。「忘れない」うちにね!

0 コメント

4月から火曜日も開室することになりました

カウンセリング・オフィス岸井はおかげさまで、この4月で開室8年目を迎えることになりました。この間、多くの方にご利用いただきましたが、この度さらにご要望にお応えして開室日を1日増やすことにいたしました。

 

これまで水曜日~土曜日までで、しかも木・金曜日は他の勤務の関係で夕刻よりの開室のため、ご都合が合わずご不便をおかけした方もいらしゃったことと思います。今後はこれまでの開室時間に加えて、4月から火曜日も朝の9時から夜の9時まで開室させていただきます。詳しくは、3月末に「開室日」の正式な更新をさせていただきますのでご確認ください。

 

なお、現時点で4月以降の火曜日の面接予約も可能ですので、必要な方はご連絡ください。

 

では今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

0 コメント

注!2020年度アートセラピー勉強会についてのお知らせ

 

ご存じの通り、兵庫県にも新型コロナに関する緊急事態宣言が出されました。

そこで参加者の皆さんの健康への不安を考え、誠に残念ですが、2020年度のアートセラピー勉強会<体験グループ><事例検討グループ>共に中止をさせていただきたいと思います。

 

楽しみにされていた方々には、誠に申し訳ありませんが、ご理解ください。

 

何か不明な点があれば、どうぞ岸井までメール・電話等でお伝えいただきたいと思います。