オフィス岸井は、

臨床心理士による信頼できるカウンセリング・ルーム として

神戸新聞社のマイベストプロに登録されています。

 

 


サイト紹介


神戸のカウンセリング・オフィス岸井
神戸の字カウンセリング・オフィス岸井
神戸のカウンセリング・オフィス岸井

▶▶▶ お知らせ! ◀◀◀

    ☆彡information

           

13H31年度 専門家向け アートセラピー勉強会

 及び 個人指導プログラム (教育分析・SV・技術指導他)の募集を開始しました!

 

14. H31年度アートセラピー勉強会の連絡はこちら

 



カウンセリング・オフィス岸井とは?

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・不登校

<職場や学校の不適応・対人関係に>

 カウンセリング・オフィス岸井は、神戸にある、学校・職場・対人関係などにおける不適応やうつ・不登校・不安障害の問題でお悩みの方々の相談に応じる神戸の心理相談オフィスです

 

  その他学校や職場の不適応や対人関係や生き方の悩みなどさまざまな問題や、やる気が起きない、周囲の目が気になる、集団に入れないなどの問題にも豊富な経験をもとにご相談に応じます

 

社会的スキル・トレーニングやアサーショントレーニングなども用意しています。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒不登校について

⇒不登校になった時に親はどうすればよいか

アサーション・認知トレーニング

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・カサンドラ症候群

<発達障害やカサンドラの問題に>

大人のうつや様々な不安や悩み、神経症・大人の発達障害等からくる生きづらさや人間関係の問題などさまざまなお悩みにも対応いたします

 

特に大人の発達障害に関しては、ワーキング・メモリーや聴覚認知・視覚認知の弱さに対する「認知のトレーニング」を用意して、多くの方に「うっかりミスが減った」「聞く力や見る力が付いた」等の声をいただいています。

 

 さらにご本人の問題だけでなく、ご夫婦の問題としてカサンドラ症候群などが問題になっていますが、ご夫婦の問題として一緒に取り組ませていただきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

認知トレーニング

カサンドラ症候群とは

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・うつ病・ひきこもり・アダルトチルドレン

<アダルトチルドレンやうつ、ひきこもりの問題に>

最近多い相談が「私はアダルトチルドレンではないか」という不安を持たれた方です。同時に抑うつ気分に悩まれたり、怒りの爆発・虐待等に結び付く状態で苦しまれています。

 

背景に過去の家族の問題、たとえばアルコール依存の親、被虐待の体験、機能不全家庭に育った不全感や自信のなさ、無力感や愛着障害なども影響します。

 

なかなか過去を振り返るのは辛いですが、立ち向かう勇気を出してご相談下さい。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

アダルト・チルドレンについて

⇒ひきこもりの理解と対応

⇒愛着障害

⇒止まらない怒りにどう対処すればよいか


*当オフィスでは1回限り、あるいは数回のみの面接はお受けしておりません。

  あくまでも、ご自身の問題に取り組むため、原則として1~2週に1回の継続面接に限らせていただいています。

  その点、ご理解下さい。


① 面接予約は電話・メールで!スカイプ面接も可能

 当オフィスは完全予約制となっています。   

  初回はまず簡単にお話を伺い、当オフィスの利用にあたっての説明・打ち合わせ面接をさせていただくため、初回面接は無料です。

 

  ただし、あくまでもお悩みの問題に継続して取り組むことを前提とした継続面接を原則としています。ですので1回のみ、あるいは数回の面接はお受けしていません。 

 

  それをご理解の上、面接を希望される方は、 電話:090-1243-9646        または予約メールにてお伝え下さい。

 

詳細は以下をご覧ください。

料金について

予約の申し込

②その後、ご希望の曜日・時間をお知らせください

  開室日については上のメニューから確認お願いします。その上で希望の曜日と時間帯をお知らせ下さい.

 

  なおすでに他の方の予約が入っている場合もありますので、できれば第3希望ぐらいまでお伝えください。

  

詳細は以下をご覧ください。

開室時間の確認

予約の申し込み

うつ病 カウンセリング 神戸 オフィス岸井

③キャンセルはできるだけ早くお願いします。

キャンセルは原則として1週間前までにご連絡ください。突然の体調不良や交通機関のトラブル、天候悪化等はもちろん考慮させていただきます。

 

  それ以外のキャンセルに関しては、キャンセル料をいただくことになります。

 ご注意ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

キャンセル・遅刻について

うつ病 カウンセリング 神戸


カウンセリングとはどんなことをするのですか?


<言葉によるカウンセリング>

言葉によるカウンセリングでは、カール・ロジャーズによるクライエント・センター・セラピー(クライエント中心療法)をベースにしています。

 

  それをベースに必要に応じて、認知行動療法やユングによる深層心理学をベースにした会話による心理療法を行っています。

C・ロジャーズ

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒言葉によるカウンセリング

<アート・セラピー、夢分析等>

言葉による面接がどうも苦手だ、あるいはイメージを用いた面接が有効だと感じた場合には、絵画療法・コラージュ療法・箱庭療法などのアートセラピー、あるいは夜に見る夢を持ってきていただいた夢分析などを行っています。

 

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の箱庭療法

<認知のトーレニングやアサーショントレーニングなど>

対人関係で「どうも自分の本当の気持ちを押し殺してしまいがちだ」あるいは「自分に自信が持てなくてなんといって良いかわからない」というような場合には、無理のない自己主張(アサーション)トレーニングを行います。

 

  また発達障害の傾向があり、見る力・聞く力・覚える、思い出す力・集中して物事に取り組む力に弱さがあるという場合には、「認知のトレーニング・プログラム」を用意しています。




その他・お知らせ

<全国各地からスカイプ・電話による面接の希望をお受けしています>

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の電話・スカイプによる面接

オフィス岸井は直接対面面接だけでなく、スカイプや電話による面接も行っています。これまで全国各地からスカイプ・電話による面接を実施してきました。

 

交通費もかからず、自宅にいても可能なため、遠隔地や周囲に相談していることが知られたくない場合にはどうぞご希望ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒スカイプや電話による面接

<専門家向け>グループ・個人研修プログラム

神戸のカウンセリング・オフィス岸井のアートセラピー勉強会

◆アート・セラピー・グループ研修◆

オフィス岸井ではこれまで毎月に1回、アートセラピーを中心としたグループ研修会を続けて好評をいただいています。今後もグループによる研修会は継続していく予定ですので、参加希望の方はどうぞご連絡下さい。来年度の計画は検討中です。今しばらくお待ちください。

 

◇個人研修・教育分析プログラム◇

加えて「グループでは十分に検討・消化していく時間が足りない」「もっと自分の専門的な力量を深めたい」という声も多く聞かれることから、個人を対象とした「教育分析」「ケース・スーパービジョン」「専門的分析力をより深め、さらに実践に役立つ力量を身につける」等を目的とした個人研修プログラムも用意いたしました。

 

具体的な内容は希望者を相談させていただきながら、実践に生きる専門的力量を身につけていただくプログラムとして行きたいと思っています。

 

来年度は最大3名を予定していますので、ご希望の方はお早めにお申し出下さい。

 

 詳細は以下をご覧ください。

 ⇒カウンセラーへの専門的研修プログラムについて




☞最新ショート・コラムについて


☆彡こころのテーマ別ショートコラムはこちら


最新のショート・コラムはこちらから読むことができます。

皆さんの興味関心のある、不登校・発達障害・アダルトチルドレン・ひきこもり・アンガーマネージメントなどなど、さまざまなテーマでショート・コラムを独自の視点からまとめてあります。 興味のある方はゼヒ!

上記のカテゴリーについて、岸井の経験と分析をもとにショートコラムにまとめてあります。興味があれば一度お読みいただければ幸いです。


☆彡こころを描いた映画や本の紹介コラムはこちら


らからは、岸井がこれまで観賞した「こころを描いた映画・本」について簡単な紹介ショート・コラムを載せています。


神戸のカウンセリング・オフィス岸井の最新ショート・コラム


☟ブログ<時どき 静かに>最新記事

*その他の記事はこちらからご覧ください。

 すべての記事をテーマ別に検索して読めます。 ⇒これまでのブログ全記事(検索もできます)


窮屈なよろいを脱ぎすてる時  ショーン・タンの絵本「セミ」

カウンセリング 神戸 オフィス岸井
<写真はAmazonより>

“ゼミ 高い ビルで はたらく。

しごと データ 入力。17ねんかん。

けっきん なし。ミス なし。

トゥク トゥク トゥク!

 

17ねんかん。 しょうしん なし。

ニンゲン えらいひと  言う、セミ ニンゲンじゃない。

セミ えらい 必要ない。

トゥク トゥク トゥク”

 

から始まるショーン・タンの絵本「セミ」。

 

“ニンゲン どうりょう セミのこと きらい。

いやなこと する。 いやなこと 言う。

セミのこと ばかにする。

トゥク トゥク トゥク”

 

陰鬱な絵や文章を目にすると、「これは俺のことか」と思わず

じっと手を見てしまうお父さんもいらっしゃるかも。

 

もっともこういう抑圧された状況はサラリーマンだけでなく、ショーン・タンの代表作「アライバル」に描かれたような異邦人というか難民の人生とも重なってきます。

 

いやそれだけではない、学校でのいじめに苦しみ耐えている子供たちや、日々の生活の中で人生の荒波に苦しんでいるたくさんの方々も同じ思いでいるのかもしれません。

 

そういうセミは、いつか「自分がセミであること」に誇りを取り戻し、「セミでありながらニンゲンでありたい」という窮屈なこころのよろいを 脱ぎ捨てる時が来る、その時を感動的なタッチでショーン・タンは描いてくれています。

 

この絵本を読んでいて、私は以前読んだ「ボディ・サイレント 病と障害の人類学」(ロバート・マーフィー)と言う本の一節を思い出しました。著者のロバート・マーフィーさんは人類学者でありながら脊髄の病に侵され次第に四肢麻痺の障害を負うことになったのです。その彼が社会における「身体障碍者」としての自らの存在を見つめなおし「人生の意味」について考察した記録です。

その中で彼はこう述べています。少し長いですが引用します。

 

「身体麻痺者は、ほぼ文字通りの意味で、肉の虜である。だが思えば、身障者のみならずともたいがいの人は多かれ少なかれ囚われの身だ。自分で作った壁に囲まれて生きること。文化によって建てられ、自分自身の恐怖によって補強された鉄格子の間から人生を傍観すること。

 

 このように文化への隷属が物化され固定化された形は、肉体でできた私自身の“拘束服”よりもたちが悪い。なぜならそれは、からだばかりでなく心の麻痺を引き起こし、思考の静寂を招くから。囚われのこころは、今日の急速な社会変動と混乱の時代がもたらした絶好の機会をみすみす見逃してしまう。

 

 絶好の機会ーーーーそれは、我々が文化の束縛を脱して環境から少しでも我が身を引き離し、自分が何者でありどこにいるのかを疑い、そして発見する機会のことだ。しなやかな心と豊かな想像力をもって、身体障害者はーそして我々の全てはー自由をわがものとすることができるだろう」

 

我と我が身に、自ら作り上げてしまった窮屈なよろいを脱ぎ捨てる時、この「セミ」が脱皮して大空へと自由に舞い上がるシーンに結び付くのでしょう。

 

興味があれば、本屋さんで手に取ってみて下さい。

0 コメント

いかりの炎

 

 

 

  敵のため火を噴く怒りも

 

  加熱しすぎれば自分がやけどをする

 

   (シェークスピアの言葉)

0 コメント

「木の芽時」の憂鬱 -2-

「木の芽時」の憂鬱、その2弾。

毎年のことですが、この季節になると憂鬱な顔と会うことが多くなります。それは特に学校や、大学、職場などの面接室。新しく進学したり就職したりすると、環境だけでなく人間関係も当然一から作り直さなくてはいけません。特に学校関係だと「友達できるかな?」と不安で仕方がない人もたくさんいますね。人間は群生生物だから、人間関係の順位やスクールカーストなどと言われる「群れの秩序内の位置づけ」をしない事にはみんな不安なのです。

 

そこでうまく適応出来ればよいのだけれど、気が付くと「自分以外のみんなはグルーピングできていて、一人取り残された」的な気持ちになることも有りますね。それをネガティヴに取るかポジティヴに取るかでかなり気持ちの持ちようが変わってくるのですが・・・。

 

と、いうことで、私が勤務しているいくつかの学校で出しているSC(スクールカウンセラー)だよりから一部引用してみました。色々な意見はあると思うけれど、こういう考え方もあるのか、ぐらいでお読みいただければ幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

新学期が始まってはや1か月。みなさん、新しいくるクラスや新しい生活に慣れもましたか?新しい環境は誰にとっても緊張するもの。この連休でゆっくり休んでください。

さて私は、毎年この時期になると、こんな歌を思い出します。

 

「1ねんせ~になったら、ともだち100人できるかな」

 

個人的な意見ですが、あまのじゃくの私はこの歌が好きではありません。この歌があるから「友達ができないこと」がネガティヴなことのように思えてしまうのからです。確かに「集団の中にいられる能力」というのは大切なこと。しかしそれと同様「一人でいられる能力」も大切なのです。

 

孤独は人を鍛えてくれます。自分自身を友達として、自分に語りかけ対話をすることで、自分の世界に「広がりと奥行き」を生み出すことができるのです。そしてさみしさや孤独は、この世界に光の当たる部分だけではない、「陰影」があることを教えてくれるのです。さらにそれが時がたつにつれ、人に対する「優しさやおもいやり」へと成熟していくかもしれません。

 

もちろん人と親密な関係を持つことができることも大切ですが、それは数の問題ではないでしょう。

たくさんいればよいというものではありません。また「今いない」からと言っても「これからもできない」と言うことではありません。人と人はおもいがけない時に出会うものなのです。

 

「そうはいっても、やっぱり何でも話せる友人がほしい。でもなかなかできない。どうしたら良いのだろう」と思う人もいるでしょう。そう言う思いを持つ人に、ちょっと厳しいけれど、真実をついた、北野武(ビートたけし)さんの言葉を贈ります。

 

困った時、助けてくれたり、自分の事のように心配して相談に乗ってくれる そんな友人が欲しい?
 馬鹿野郎!
 友達が欲しかったら、相談に乗り 心配してやる事だ。
  そして相手に何も期待しない事。

   これが友達を作る秘訣だ!」

 

・・・・きびしいけれど、勇気を出してみませんか?

 

 

0 コメント