オフィス岸井は、

公認心理師による信頼できるカウンセリング・ルーム

として

神戸新聞社のマイベストプロに登録されています。

 

 


サイト紹介


神戸のカウンセリング・オフィス岸井
神戸の字カウンセリング・オフィス岸井
神戸のカウンセリング・オフィス岸井


カウンセリング・オフィス岸井とは?

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・不登校

<職場や学校の不適応・対人関係に>

 カウンセリング・オフィス岸井は、神戸にある、学校・職場・対人関係などにおける不適応やうつ・不登校・不安障害の問題でお悩みの方々の相談に応じる神戸の心理相談オフィスです

 

  その他学校や職場の不適応や対人関係や生き方の悩みなどさまざまな問題や、やる気が起きない、周囲の目が気になる、集団に入れないなどの問題にも豊富な経験をもとにご相談に応じます

 

社会的スキル・トレーニングやアサーショントレーニングなども用意しています。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒不登校について

⇒不登校になった時に親はどうすればよいか

アサーション・認知トレーニング

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・カサンドラ症候群

<発達障害やカサンドラの問題に>

大人のうつや様々な不安や悩み、神経症・大人の発達障害等からくる生きづらさや人間関係の問題などさまざまなお悩みにも対応いたします

 

特に大人の発達障害に関しては、ワーキング・メモリーや聴覚認知・視覚認知の弱さに対する「認知のトレーニング」を用意して、多くの方に「うっかりミスが減った」「聞く力や見る力が付いた」等の声をいただいています。

 

 さらにご本人の問題だけでなく、ご夫婦の問題としてカサンドラ症候群などが問題になっていますが、ご夫婦の問題として一緒に取り組ませていただきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

認知トレーニング

カサンドラ症候群とは

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・うつ病・ひきこもり・アダルトチルドレン

<アダルトチルドレンやうつ、ひきこもりの問題に>

最近多い相談が「私はアダルトチルドレンではないか」という不安を持たれた方です。同時に抑うつ気分に悩まれたり、怒りの爆発・虐待等に結び付く状態で苦しまれています。

 

背景に過去の家族の問題、たとえばアルコール依存の親、被虐待の体験、機能不全家庭に育った不全感や自信のなさ、無力感や愛着障害なども影響します。

 

なかなか過去を振り返るのは辛いですが、立ち向かう勇気を出してご相談下さい。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

アダルト・チルドレンについて

⇒ひきこもりの理解と対応

⇒愛着障害

⇒止まらない怒りにどう対処すればよいか

<うつ病や不安が頭の中から離れない時に>

うつ状態は単なる落ち込みという状態から、それが持続的に続き楽しみや喜びなどの感情が失われていくうつ病まで、いろいろな場面で見られます。

 

こういう時は、私は「のみ薬・ひと薬・ひにち薬」とお伝えしています。まず病院での診断や薬の処方の<飲みぐすり>を受けるとともに、人とのかかわりの<ひとぐすり>、そして必ず良くなることを信じて待つ<ひにちぐすり>です。

 

カウンセリング・オフィス岸井では<ひとぐすり・ひにちぐすり>を念頭に置き、ご一緒に取り組ませていただいています。


*面接に当たってのお願い

  当オフィスでは1回限り、あるいは数回のみの面接はお受けしておりません。

   あくまでも、ご自身の問題に取り組むため、原則として1~2週に1回の継続面接に限らせていただいています。

   月に1回と言う面接も、効果の点からお引き受けしていません。その点、ご理解下さい。

*お詫びと訂正

    なお数年前までは「初回無料」とお知らせさせていただいていましたが、現在は有料となっています。過去に書いた記 

    事やコラムではまだ「初回無料」の文言が残っていますが、申し訳ありませんが訂正させていただきます。


① 面接予約は電話・メールで!スカイプ面接も可能

 当オフィスは完全予約制となっています。初回はまず簡単にお話を伺い、当オフィスの利用にあたっての説明・打ち合わせをさせていただきます。

 

  ただし、あくまでもお悩みの問題に継続して取り組むことを前提とした継続面接を原則としています。ですので1回のみ、あるいは数回の面接はお受けしていません。

 

料金について

予約の申し込 

 

②その後、ご希望の曜日・時間をお知らせください

  開室日については上のメニューから確認お願いします。その上で希望の曜日と時間帯をお知らせ下さい。原則としてその時間枠がその後の継続面接の予約の枠となります。

 

  なおすでに他の方の予約が入っている場合もありますので、できれば第3希望ぐらいまでお伝えください。

  

開室時間の確認

予約の申し込み

③キャンセルはできるだけ早くお願いします。

キャンセルは原則として1週間前までにご連絡ください。突然の体調不良や交通機関のトラブル、天候悪化等はもちろん考慮させていただきます。

 

  それ以外のキャンセルに関しては、キャンセル料をいただくことになります。

 ご注意ください。

 

 

 

キャンセル・遅刻について



カウンセリングとはどんなことをするのですか?


<言葉によるカウンセリング>

言葉によるカウンセリングでは、カール・ロジャーズによるクライエント・センター・セラピー(クライエント中心療法)をベースにしています。

 

 同時にユングによる深層心理学をベースにした会話や夢分析などによる心理療法を行っています。

C・ロジャーズ

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒言葉によるカウンセリング

<アート・セラピー、夢分析等>

言葉による面接がどうも苦手だ、あるいはイメージを用いた面接が有効だと感じた場合には、絵画療法・コラージュ療法・箱庭療法などのアートセラピー、あるいは夜に見る夢を持ってきていただいた夢分析などを行っています。

 

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の箱庭療法

<認知のトーレニングやアサーショントレーニングなど>

対人関係で「どうも自分の本当の気持ちを押し殺してしまいがちだ」あるいは「自分に自信が持てなくてなんといって良いかわからない」というような場合には、無理のない自己主張(アサーション)トレーニングを行います。

 

  また発達障害の傾向があり、見る力・聞く力・覚える、思い出す力・集中して物事に取り組む力に弱さがあるという場合には、「認知のトレーニング・プログラム」を用意しています。

<全国各地からスカイプ・電話による面接の希望をお受けしています>

オフィス岸井は直接対面面接だけでなく、スカイプや電話による面接も行っています。これまで全国各地からスカイプ・電話による面接を実施してきました。

 

交通費もかからず、自宅にいても可能なため、遠隔地や周囲に相談していることが知られたくない場合にはどうぞご希望ください。

  

⇒スカイプや電話による面接



☞最新ショート・コラムについて


☆彡こころのテーマ別ショートコラムはこちら


皆さんの興味関心のある、不登校・発達障害・アダルトチルドレン・ひきこもり・アンガーマネージメントなどなど、さまざまなテーマでショート・コラムを独自の視点からまとめてあります。 興味のある方はゼヒ!


☆彡こころを描いた映画や本の紹介コラムはこちら


「こころを描いた映画・本」について簡単な紹介ショート・コラムを載せています。

コミックや小説、映画など、もしかしたら興味を引く作品に出会えるかも知れませんよ。良ければ一度ご覧ください。




☟ブログ<時どき 静かに>最新記事

気の向くままに文章にまとめてみました。

何が、どうというわけでもないんですけどね。

もしお暇でしたら、どうぞ。

 

*その他の記事はこちらからご覧ください。

 

 すべての記事をテーマ別に検索して読めます。

 ⇒これまでのブログ全記事(検索もできます)



ちょっと落ち込んだ時に・・・「3~4日」の法則

皆さんは普段の生活や人間関係の中で、ショックを受けたり落ち込んだりすることがあると思います。例えば物事が自分の期待していたのと反対の方向に展開してしまったり、あるいは誰かと喧嘩をしたり、傷つくような態度を取られたりすることもあるでしょう。

私もこういうで落ち込んでしまうことは時々あります。

 

もちろん、その出来事や経験の大きさや程度によって、例えば日常のちょっとした落ち込みから、「トラウマ」と呼ばれる心的外傷に至るという大きな体験まで程度の差はあります。ここで私が触れているのは、あくまでも日常生活での落ち込み程度の体験ですが、そういう日常的な落ち込み体験であってもかなりの程度気分はふさぎ込みがちになるものです。

 

そういう時にどうやってその気持ちを切り替えればよいか、さまざまな方法があると思いますが、私が(自分の体験も含めて)観察したところによれば、おおよそ人の気分やムードというものはある一定程度の時間が経つことによって自然に修復されていくものだと感じています。

 

それがタイトルにも上げた「3~4日」の法則。

自分自身の気分の波を振り返ってみると、気分が落ち込んで低空飛行になったとしても、おおむね3~4日で何とか心のかさぶたが薄皮を張っていくような気がしています。

 

「3~4日」の法則を知っていると、何か日常生活などで落ち込んだ時、「今日は金曜日だから来週火曜日ぐらいまではこの落ち込みは続くだろう。逆に言えば来週の水曜日には多分かなり気持ちは切り替わっているはずだ。だからそれまでの辛抱。」と自分に言い聞かせることができるのです。

 

もちろん「その根拠は何だ?エビデンスはあるのか?」と言われると、自分自身の体験と私のところへ来られた相談者の方々の様子から割り出した経験則なので、脳科学的な根拠はありません。しかし今のところ、自分自身に「今日から3~4日は落ち込むだろうな、でもそれが過ぎれば元気は回復するはずだ」と言い聞かせて、おおむね上手くやり過ごせています。

 

皆さんも「3~4日」の原則を自分に言い聞かせて、落ち込みをやり過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

*この「3~4日の法則で修復されるような体験であることが私の場合はほとんどなのですが、それでもまだかさぶたが芽生えてこない時はある程度注意が必要です。「落ち込む」体験は誰にでもあるのですが、それが例えば2週間以上続くようなときは「うつ状態」あるいは「うつ病」の兆しであるかもしれません。さらにその状態が1か月以上続く場合、よほどの心の傷が大きいことが予想され、そういう時はできるだけ医療機関や専門家の下に相談に行く必要があると言えます。気を付けてくださいね。

0 コメント

閉塞感と無力感とあくびの日々(4)

<写真はFilmarksより>
<写真はFilmarksより>

最近、はまりまくっているドラマが、NETFLIXのこの(左)ドラマ「ユニークライフ」!

原題が「Atypical」、そう、すなわち「非定型」。

 

わかる人にはわかるでしょうが、「定型発達」に対しての「非定型発達」、つまり発達障がいの主人公とその家族をめぐるファミリー(?)ドラマ。

 

発達障がいをめぐるドラマは日本でも「僕が歩く道」とか「光とともに」とかいくつかあったけれど、アメリカ人の感覚は障がいを扱う慎重さや重苦しさを感じさせることなく、コメディタッチの観点から彼らの日常をさらりとえがいてくれます。

 

しかしだからと言って主人公のサムの日常生活における生きづらさはちゃんと見据えていて、ドラマを見ていても参考になりますね。これと同じような感覚で描いたコメディに「ビッグバン・セオリー」というドラマがあって、こちらはもうアメリカでも超有名な傑作ドラマになっています。

<写真はAmazonより>
<写真はAmazonより>

 

こんなドラマを見ているとあっという間に時間がたってしまいます。

ちなみに私は日本で手に入るビッグバンセオリーのDVDは全部買いましたね、大好き!

 

あと同じNETFLIXで自閉スペクトラム症のドクターが主人公の「GOOD DOCTER」も面白い。

これたしか韓国の作品が原作だったような・・。

 

日本でもこういう作品は出てこないかなぁ。

日本で「障がい」を取り上げるというと、何か、ウェットなイメージが付きまとうのですが、今回紹介したような作品はカラッとしたイメージで、描かれています。特にビッグバンセオリーなんかは、誤解を恐れずに言えば、本当に「障がい」を多様な個性の中の一つである(登場人物すべてがかなり個性的でユニークな人たちなんです)ことを感じさせてくれますよ。

まさしく「みんな違って、みんな良い」という世界。

アメリカ人の懐の広さを感じさせてくれるドラマです。

0 コメント

閉塞感と無力感とあくびの日々(3)

<写真はAmazonより>
<写真はAmazonより>

さて「閉塞感と無気力感とあくびの日々」(3)ですが、今日は一つ最近気に入っている本を紹介しましょう。

 

と言ってもかなり前の本で、たまたま部屋の本棚を見ていると目に入った本ですが、なかなか頭の勉強になる本です。

 

タイトルは「ネガポ辞典」。

<ネガティブな言葉をポジティブに変換」><これぞ幸せの原点!これはあらゆる人を前向きにする魔法の杖だ!>と表紙や帯にあります。つまりネガティブな言葉をポジティブに言い換えるための辞典だとのこと。

 

有名なアプリを書籍化したとのことですが、私は全く知りませんした。

 

 

心理学のコミュニケーション・スキル(?)の一つとして「アサーション」というのがあったり、認知の変換のスキル(?)としての「リフレィミング」というものがあります。どちらもコミュニケーションや認知の分野では有名ですが、これを日常版にまとめたという感じでしょうか。

 

例えば皆さん「無気力」という言葉を聞いた時、あまりポジティブな印象は受けませんよね。そのネガティブないイメージの持つ言葉を言い換えることによって、ポジティブなイメージに変換するわけです。

例えばこの時点では「無気力」について3つの言いかえを例として挙げています。

 

一つは「肩の力が程よく抜けている」 二つ目が「己が真に夢中になれるものを探し求めている旅人」 3つ目が「充電中」

 

う~~~~ん、私の場合、このブログのタイトルにもあるような「無気力感」は「肩の力が程よく」ではなく「肩に全く力が入らない」というイメージなのですが、しかしこれは確かにコロナで家にいてすることがなく、暇を持て余してやる気がわかない状態なので、実は今自分は、二つ目の「己が真に夢中になれるものを探し求めている旅人」状態なのだ、と言いきかせることで、ちょっとポジティブな気持ちになれるかも。

 

ちなみに自分のブログを読み返して「俺は何と文章力がないんだ・・・」と落ち込んだ時、この辞典をめくって

「そうか、俺は『自分の文章はおかしい』と気づくぐらいの<表現力はあるんだ>

さらに『伝えたい気持ちが大きすぎて、目の前の媒体に収まらない』ぐらい<熱き気持ちがここにあるのだ>

そして『これから実践練習を重ねることで、いくらでも成長できる』<のびしろがある>という事なんだ!なんでそのことに今まで気が付かなかったんだ!!ガンバレ!自分!!」とポジティブな気持ちに切り替えればいいのです。

・・・と、ここまで書きながら・・・なんだか、ちょっとむなしくなってきたぞ・・・。

おっと、こういう時は辞典を引いて「むなしい」をポジティブに変換だ!

と‥思って索引を探しましたが、索引に「むなしい」がありませんでした。

 

こういう時はどうすればいいんだ?

 

 

あくびでもするしかないか・・・・・。

0 コメント