オフィス岸井は、

公認心理師による信頼できるカウンセリング・ルーム

として

神戸新聞社のマイベストプロに登録されています。

 

 


サイト紹介


神戸のカウンセリング・オフィス岸井
神戸の字カウンセリング・オフィス岸井
神戸のカウンセリング・オフィス岸井


カウンセリング・オフィス岸井とは?

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・不登校

<職場や学校の不適応・対人関係に>

 カウンセリング・オフィス岸井は、神戸にある、学校・職場・対人関係などにおける不適応やうつ・不登校・不安障害の問題でお悩みの方々の相談に応じる神戸の心理相談オフィスです

 

  その他学校や職場の不適応や対人関係や生き方の悩みなどさまざまな問題や、やる気が起きない、周囲の目が気になる、集団に入れないなどの問題にも豊富な経験をもとにご相談に応じます

 

社会的スキル・トレーニングやアサーショントレーニングなども用意しています。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒不登校について

⇒不登校になった時に親はどうすればよいか

アサーション・認知トレーニング

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・カサンドラ症候群

<発達障害やカサンドラの問題に>

大人のうつや様々な不安や悩み、神経症・大人の発達障害等からくる生きづらさや人間関係の問題などさまざまなお悩みにも対応いたします

 

特に大人の発達障害に関しては、ワーキング・メモリーや聴覚認知・視覚認知の弱さに対する「認知のトレーニング」を用意して、多くの方に「うっかりミスが減った」「聞く力や見る力が付いた」等の声をいただいています。

 

 さらにご本人の問題だけでなく、ご夫婦の問題としてカサンドラ症候群などが問題になっていますが、ご夫婦の問題として一緒に取り組ませていただきます。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

認知トレーニング

カサンドラ症候群とは

神戸のカウンセリング・オフィス岸井・うつ病・ひきこもり・アダルトチルドレン

<アダルトチルドレンやうつ、ひきこもりの問題に>

最近多い相談が「私はアダルトチルドレンではないか」という不安を持たれた方です。同時に抑うつ気分に悩まれたり、怒りの爆発・虐待等に結び付く状態で苦しまれています。

 

背景に過去の家族の問題、たとえばアルコール依存の親、被虐待の体験、機能不全家庭に育った不全感や自信のなさ、無力感や愛着障害なども影響します。

 

なかなか過去を振り返るのは辛いですが、立ち向かう勇気を出してご相談下さい。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

アダルト・チルドレンについて

⇒ひきこもりの理解と対応

⇒愛着障害

⇒止まらない怒りにどう対処すればよいか


*面接に当たってのお願い

  当オフィスでは1回限り、あるいは数回のみの面接はお受けしておりません。

   あくまでも、ご自身の問題に取り組むため、原則として1~2週に1回の継続面接に限らせていただいています。

   月に1回と言う面接も、効果の点からお引き受けしていません。その点、ご理解下さい。


① 面接予約は電話・メールで!スカイプ面接も可能

 当オフィスは完全予約制となっています。   

  初回はまず簡単にお話を伺い、当オフィスの利用にあたっての説明・打ち合わせ面接をさせていただきます。

 

  ただし、あくまでもお悩みの問題に継続して取り組むことを前提とした継続面接を原則としています。ですので1回のみ、あるいは数回の面接はお受けしていません。 

 

  それをご理解の上、面接を希望される方は、 電話:090-1243-9646        または予約メールにてお伝え下さい。

 

詳細は以下をご覧ください。

料金について

予約の申し込

 

*お詫びと訂正

なお数年前までは「初回無料」とお知らせさせていただいていましたが、現在は有料となっています。過去に書いた記事やコラムではまだ「初回無料」の文言が残っていますが、申し訳ありませんが訂正させていただきます。お間違いのないようにお願いします。

②その後、ご希望の曜日・時間をお知らせください

  開室日については上のメニューから確認お願いします。その上で希望の曜日と時間帯をお知らせ下さい。原則としてその時間枠がその後の継続面接の予約の枠となります。

 

  なおすでに他の方の予約が入っている場合もありますので、できれば第3希望ぐらいまでお伝えください。

  

詳細は以下をご覧ください。

開室時間の確認

予約の申し込み

うつ病 カウンセリング 神戸 オフィス岸井

③キャンセルはできるだけ早くお願いします。

キャンセルは原則として1週間前までにご連絡ください。突然の体調不良や交通機関のトラブル、天候悪化等はもちろん考慮させていただきます。

 

  それ以外のキャンセルに関しては、キャンセル料をいただくことになります。

 ご注意ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

キャンセル・遅刻について

うつ病 カウンセリング 神戸


カウンセリングとはどんなことをするのですか?


<言葉によるカウンセリング>

言葉によるカウンセリングでは、カール・ロジャーズによるクライエント・センター・セラピー(クライエント中心療法)をベースにしています。

 

  それをベースに必要に応じて、認知行動療法やユングによる深層心理学をベースにした会話による心理療法を行っています。

C・ロジャーズ

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒言葉によるカウンセリング

<アート・セラピー、夢分析等>

言葉による面接がどうも苦手だ、あるいはイメージを用いた面接が有効だと感じた場合には、絵画療法・コラージュ療法・箱庭療法などのアートセラピー、あるいは夜に見る夢を持ってきていただいた夢分析などを行っています。

 

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の箱庭療法

<認知のトーレニングやアサーショントレーニングなど>

対人関係で「どうも自分の本当の気持ちを押し殺してしまいがちだ」あるいは「自分に自信が持てなくてなんといって良いかわからない」というような場合には、無理のない自己主張(アサーション)トレーニングを行います。

 

  また発達障害の傾向があり、見る力・聞く力・覚える、思い出す力・集中して物事に取り組む力に弱さがあるという場合には、「認知のトレーニング・プログラム」を用意しています。




その他・お知らせ

<全国各地からスカイプ・電話による面接の希望をお受けしています>

神戸のカウンセリング・オフィス岸井の電話・スカイプによる面接

オフィス岸井は直接対面面接だけでなく、スカイプや電話による面接も行っています。これまで全国各地からスカイプ・電話による面接を実施してきました。

 

交通費もかからず、自宅にいても可能なため、遠隔地や周囲に相談していることが知られたくない場合にはどうぞご希望ください。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

⇒スカイプや電話による面接

<専門家向け>グループ・個人研修プログラム

神戸のカウンセリング・オフィス岸井のアートセラピー勉強会

◆アート・セラピー・グループ研修◆

オフィス岸井ではこれまで毎月に1回、アートセラピーを中心としたグループ研修会を続けて好評をいただいています。今後もグループによる研修会は継続していく予定ですので、参加希望の方はどうぞご連絡下さい。来年度の計画は検討中です。今しばらくお待ちください。

 

◇個人研修・教育分析プログラム◇

加えて「グループでは十分に検討・消化していく時間が足りない」「もっと自分の専門的な力量を深めたい」という声も多く聞かれることから、個人を対象とした「教育分析」「ケース・スーパービジョン」「専門的分析力をより深め、さらに実践に役立つ力量を身につける」等を目的とした個人研修プログラムも用意いたしました。

 

具体的な内容は希望者を相談させていただきながら、実践に生きる専門的力量を身につけていただくプログラムとして行きたいと思っています。

 

来年度は最大3名を予定していますので、ご希望の方はお早めにお申し出下さい。

 

 詳細は以下をご覧ください。

 ⇒カウンセラーへの専門的研修プログラムについて




☞最新ショート・コラムについて


☆彡こころのテーマ別ショートコラムはこちら


最新のショート・コラムはこちらから読むことができます。

皆さんの興味関心のある、不登校・発達障害・アダルトチルドレン・ひきこもり・アンガーマネージメントなどなど、さまざまなテーマでショート・コラムを独自の視点からまとめてあります。 興味のある方はゼヒ!

上記のカテゴリーについて、岸井の経験と分析をもとにショートコラムにまとめてあります。興味があれば一度お読みいただければ幸いです。


☆彡こころを描いた映画や本の紹介コラムはこちら


こちらからは、岸井がこれまで観賞した「こころを描いた映画・本」について簡単な紹介ショート・コラムを載せています。


神戸のカウンセリング・オフィス岸井の最新ショート・コラム


☟ブログ<時どき 静かに>最新記事

*その他の記事はこちらからご覧ください。

 すべての記事をテーマ別に検索して読めます。 ⇒これまでのブログ全記事(検索もできます)


「うつうつ」とした気分を改善するために

コロナの影響が社会全体に及んでいます。もちろんそれは身体的な面だけでなく、私たちの心の状態にも大きな影響を与えていますが、その一つは「うつ」の広がりではないでしょうか。

私のところにもさまざまな事情からうつ状態になられて相談にお越しになる方がいらっしゃいます。ただ最近感じるのは、何か具体的なきっかけがあってうつになるという場合に限らず、なんとなく社会全体に見通しの持てない状況が続くため、閉塞感や持って行き場のない怒りが内向して、なんとなくうつうつとした気分が社会全体に広がっているのではないかと思います。

 

「うつ病」と「うつ状態」とははっきりと違うのですが、どんよりとした砂漠のような閉塞感は共通しているといえるでしょう。そしてその原因がセロトニンという脳内物質の不足によるものだということは言われています。

もし今あなたがそういううつうつとした状態にいるのなら、それを改善する方法についていくつかのヒントを挙げてみたいと思います。これは色々なところで触れられている方法で、何も特別な情報ではないのですが、簡単に言うと3つにまとめられます。

それは 1)太陽の光を浴びる  2)リズミカルな運動をする  3)人とのかかわりを持つ の3点です。

 

1)太陽の光を浴びる

これは特に朝日を浴びることが良いでしょう。といっても睡眠障害などでなかなか朝が起きられないという方もいらっしゃいますが、早朝でなくても、目が覚めた後に窓を開けて光を浴びましょう。特に冬場は日照時間が短いので季節性のうつ病なども起こります。できるだけ窓を開けるか、外へ出て光を浴びましょう。

 

2)リズミカルな運動をする

これも効果的な方法です。私もを少しうつうつとしてきたら、週に1度ぐらいウォーキングを行っています。ノルディック・ウォークという、両手にポールを持って、リズミカルにそして気ままに歩いていきます。以前「うつ病九段」という本を紹介しましたが、著者の先崎学さんも少し元気が戻られてきたら、歩くことを実践されていました。別にウォーキングでなくても、例えばラジオ体操や簡単な運動でもよいと思います。身体をリズミカルに動かすことでセロトニンの分泌を促します。

 

3)人とのかかわりを持つ

これは別のところでも紹介しましたが、特にうつ病の対策として「飲み薬」に加えて「ひとぐすり」は必要でしょう。誰かと何気ない話をすること。私は「あいさつ」と「雑談」をおすすめします。無理をする必要はありませんが、なにげないふれあいという「ひとぐすり」の効果はあると思います。

 

さてこのコロナの見通しの持てない状況で、自殺者が激増しています。もちろん経済面などの現実的な支援は言うまでもありませんが、自分でもできる「こころの支援」も必要だと思います。

 

なにかのヒントになれば幸いです。

0 コメント

巣ごもり日記 -4-

さて最近気になるあれやこれやについてまとめてみます。

最近、何しろ家にいる時間が長くなるため、いろいろと本やDVDなどで巣ごもりしている時間が増えてきましたが、その中から気になっているコミックをいくつか紹介。それがこれ。

ネットでブレイクし、今、人気急上昇中のコミック。現在第8巻まで出ています。

主人公は聴覚障がいをもつ聾唖の王子。彼をめぐる人々を含め、ファンタジーながら人生を考えさせられる成長物語です。思わず引き込まれました。

 

最近著者の十日草輔さんのこれまでの人生を描いた実録コミックもでました。苦労人と言うか、自分の性格や考えにとても正直に、しかしかなり不器用に生きてこられた方なのだなぁと思いましたね。

この作品で一気にブレイクしましたが、この主人公に作者の十日さん自身が現れているのだと、実感。

最近第2巻が出ましたね。

第1巻も色々と考えさせられるストーリーでしたが、第二2巻はこれまた色々な精神障害に苦しむ人達とその家族、あるいはその人達に関わる医療従事者の生き様を描いてくれています。

 

丹念に取材されて描かれているのでしょう、私などが読んでいてもビンビンと響いてくるものがあります。

 

結局、障害を持っていようが、いまいが、最終的には人と人の関わりによって人は支えられているのだなぁと思わされますね。

 

「のみぐすりより、ひとぐすり」と言う言葉を改めてかみしめたくなります。ただ「ひとぐすり」と言っても、それは自分自身を煎じ詰めていくことでしか得られないわけしょう。

 

自分は安心なところにいて、「相手だけを変えよう」なんて虫の良いことではいけないのだと、思わず自己反省。

これはまだ第1巻のみ。次に紹介する「アスペルカノジョ」と同じく、発達障害(ADHD)の女性(研修医)の物語。

 

これまた医療関係のコミックですが、今回はナースではなく、児童精神科を目指す女性が自分自身に気付き、見つめなおすことで成長していく物語(なのだろう)と思って読んでいます。

なお男性医のコミックはこちら

最近これらのように、精神科領域を舞台にしたコミックが出てきていますが、これも時代なのでしょう。

この本の第1巻を読んだとき、実はここまで物語が展開していくとは思っていませんでした。アスペルガー障害を持つ女性の生き様を、内向的で実直に彼女を理解しよう、受け入れようと思いながらも苦しむ純粋な青年漫画家(?)の物語。

 

詳しくは知らないのですが、たぶん原作者の実経験がかなり反映されているのでしょう。それだけに説得力があります。

 

今第8巻まで出ていますが、目が離せなくなっています。ただ問題はやはり人気が出てきたせいか、発売後すぐに買いに行かないと近くの本屋やネットでも売り切れになってしまっていること。

 

まぁ大ヒット作品というわけではないでしょうから、大増刷と言うわけにもいかないでしょうが、できればもうちょっと印刷部数を増やしてください、おねがいしますよ、講談社さん。


                                          <写真はすべてamazon より>

0 コメント

ご存知ですか? 9月10日から16日まで「自殺予防週間」です

<写真はKiss PRESSより>
<写真はKiss PRESSより>

ご存知ですか?

厚生労働省が毎年9月10日から16日の1週間を自殺予防週間としています。

 

もしあなたが今、自分を取り巻く様々な問題で押しつぶされそうになっているのだとしたら、ぜひ左の電話番号にダイヤルしてみて下さい。

 

一人で抱え込んでいる苦しみを誰かに一緒に分け合ってもらうことで、少しでも「今、この時」をやり過ごすことができるかもしれません。

 

たとえ出口のないトンネルの様に今は思えても、抜けられないトンネルはありません。

先の見えない暗闇が目の前に広がっていたとしても、なげやりにならず、ただ足元だけを感じながら、誰かと一緒に歩いていきましょう。

0 コメント