カウンセリング 神戸 オフィス岸井
物語を生きる · 26日 5月 2019
“ゼミ 高い ビルで はたらく。 しごと データ 入力。17ねんかん。 けっきん なし。ミス なし。 トゥク トゥク トゥク! 17ねんかん。 しょうしん なし。 ニンゲン えらいひと  言う、セミ ニンゲンじゃない。 セミ えらい 必要ない。 トゥク トゥク トゥク” から始まるショーン・タンの絵本「セミ」。...

あなたに贈ることば · 21日 5月 2019
  敵のため火を噴く怒りも   加熱しすぎれば自分がやけどをする    (シェークスピアの言葉)

うつ関係 · 17日 5月 2019
「木の芽時」の憂鬱、その2弾。...
うつ関係 · 16日 5月 2019
昔から「木の芽時(このめどき)」といわれる時期があります。3~4月の春先から5月前後の初夏までを表すことや9月~10月ごろの秋の茂りの時期を言うようです。 それは天候や気温の変化の時期でもあり、人間の自律神経のバランスを崩しやすい時期だからと言われています。...

あなたに贈ることば · 15日 5月 2019
『 むずかしいことをやさしく,   やさしいことをふかく,   ふかいことをおもしろく,   おもしろいことをまじめに,   まじめなことをゆかいに,   ゆかいなことをいっそうゆかいに 』   語れる人にわたしはなりたい。 むずかしいやろうけどなぁ~~(-"-) *『』は井上ひさしさんの言葉。

物語を生きる · 11日 5月 2019
今回紹介するのは「「わたしはひろがる」という絵本です。 この絵本の制作には色々とエピソードがあると言われます。 この絵本は岸 武雄先生と言われる原作者のの存在なしには語れませんが、 しかしそれについて長い話をするよりも、 絵本の原作のこのすばらしい詩の一部を紹介して、本の紹介に変えます。...
発達障害 カウンセリング 神戸 オフィス岸井
物語を生きる · 08日 5月 2019
   「すずちゃんは   ねんちょうの ゆりぐみさんになっても、   おしゃべりが できません。   スプーンも うまく つかえません。   きゅうに ないたり わらったり、   かみついたりすることも あります。」 という文章からはじまる絵本「すずちゃんののうみそ」。これは作者の竹山美奈子さんの娘・鈴乃ちゃんのことを描いた絵本です。...

あなたに贈ることば · 21日 4月 2019
  「大地を一歩一歩踏みつけて、    手を振って、いい気分で、    進まねばならぬ。    急がずに、休まずに。」       志賀直哉『暗夜行路』より

14日 4月 2019
西日本はそろそろ桜の花盛りが過ぎようかと言う時期になりましたが、今年の桜は本当にきれいでしたね。ちょうど学校の入学式にも間に合って、よかった! ・・というわけで、私も車に乗って桜を求めて、ドライブしてみました。もしお花見されていない方がいたら、目の保養にどうぞ。...

あなたに贈ることば · 04日 4月 2019
数学の問題は、書いて説くことができる。 それが解けたということを、誰もが確認できる。 人生上のもろもろの問題は、そういう形では、誰もがわかるように目に見える仕方で解かれることはない。 しかし、そのつど全く別の形で、不意に、あるいはそっと、 これまで考えもしなかった意味でのみ、解かれるのだ。 ヴイトゲンシュタイン 『反哲学的断章』...

さらに表示する