18日 1月 2019
毎日、日常の用事や仕事でついうっかり忘れをしてしまう同志諸君。 なんとかこのうっかり癖を直せないものか、と日々苦労されていることでしょう。しかし思うに任せず、またウッカリ・・・。...

17日 1月 2019
「迷わないことが強さじゃなくて、  怖らないことが強さじゃなくて、  泣かないことが強さじゃなくて、  本当の強さって、  どんなことがあっても、  前を向けることでしょ。前をね」 これはムーミンの仲間、ミィの言葉。ミィと言うのは本当にたくましい女の子ですねぇ。 一方右の写真にも載っているのがスナフキン。 これはミィとは逆に、ロマンチスト。...

16日 1月 2019
新しいコンテンツの紹介 ⑥ は「止められない怒りにどう対処すればよいか」 「アンガーマネージメント」という言葉が世間にかなり広がりました。それは裏返せば、怒りのコントロールにみんなが困っているということ。...

15日 1月 2019
最近よく感じることに、「人は『自分はこういう人間だ』と思うとおりにの自分になろうとする、ということがあります。 たとえば「自分はダメな人間だ」と心のどこかで思っていると、その自分に対する見方(自己概念と言います)を守ろうとして、わざわざ「ダメな自分」の演じてしまうのです。...

14日 1月 2019
今日は「自己回復力」と言うことについて考えてみたいと思います。人間には、意識が一面的になりすぎた時、それを補償する無意識の働きがあると言うことを言ったのは心理学者のユングさんでした。逆に無意識が動きすぎた時、意識がそのバランスを取って自分自身に対する自覚をもたらしてくれるとも言われています。つまり自分の意識的な考えや思考があまりにも偏りすぎてバランスを崩しそうなとき、不思議なことにそのバランスを取り戻そうと無意識的な動きが働きだす、と言うのです。これを「補償作用」と言いますが、実は、私が取り組んでいる心理療法も、ユングの言う補償が引き起こされる可能性を信じるところに成り立っているのです。 この補償という自己調節機能は、人間の心理面だけに見られるものではありまえせん。生理学的に言えば、ホメオスタシス(恒常性)にも関連があろうし、もっと身近に言えば自己回復力とも言ってよいのではないかと思っています。人間というものはもともとそういう可能性を秘めた存在なのです。それが生きる希望にも繋がっているということも。 少し前になりますが、テレビを見てびっくりしたことがありました。なんと脳性まひの回復についてのニュースが流れていたのです。高知大学が脳性まひの子どもにへその緒から取ったさい帯血の一部を移植して症状の改善を図るという臨床研究の計画を立て、国の承認を受けた、というのです。高知大学は向こう5年間で、10人に実施すると言うことでした。そして、その方法を実験的に行った結果、歩行も困難であろうと予測された子どもが成長とともに機能が改善し、今は元気で走り回っているという映像も流れたのでした。 もしこの治療法が確立されれば、これは画期的な大事件でしょう。これまで多くの脳性まひの子どもたちが生まれ、その療育や治療に、本人や家族はもちろん障害児教育に関わって来た人たちが取り組んでこられました。その人たちにとって夢のような可能性が広がるわけです。私も以前は肢体不自由児・者との関わりを持たせていただいた経験から、このニュースを聞き逃すわけには行きませんでした。 「人間には自分の異常を自分で治す、『自己回復力』がある」と言うコメントも紹介されていましたが、心からそれを信じたいと思います。IPS細胞を含め、ここ最近人間の回復力・復元力を利用した治療法が生まれてきつつあります。心理的な面でも、生理的な面でも人間は自分で自分を回復する力を持っていると言うことは、人間の未来に対する希望を持たせてくれると言えるでしょう。 カウンセリングもそれを信じるところから始まるのです。

13日 1月 2019
今日の言葉は「『そのうち、やる』という名の通りを歩いて行き、行き着くところは『何もしない』という表札のかかった家である」ミゲル・デ・セルバンテス(作家)

12日 1月 2019
今日は当オフィスの電話・スカイプによる面接についてお話します。 当オフィスでは対面の面接だけでなく電話・スカイプによる面接もお受けしています。 それは当オフィスへの問い合わせの中で、「直接お話ししたいのだけれど、通うには遠すぎる」または「実は家から外に出るのは苦痛です。できれば家の中で相談したい」等のご希望が多数寄せられたからです。...

11日 1月 2019
さて先日に引き続き、人生の坂道を登る時どうすればよいか、ということについて。...

10日 1月 2019
ずっと考え続けてきたことがあります。 時に人生は 長く急な坂道のようだ、と。 さらに曲がりくねっていて、登りきったところに新たな光景が開けていることを信じながらも いつまでも続く長い坂を見ていると、どうしようもない気持ちに襲われてしまう。 この坂道をどうやったら登りきることができるだろう。...

いや~新年早々、こんなに胸がスカッとしたことはありませんでした。 1月7日、朝日新聞をみてビックリ!やった!! なんと一面広告で「嘘は戦争の始まり。」というメッセージの企業広告を宝島社が掲載してくれたのです。...

さらに表示する