うつ病 その関連


簡単に抑うつエピソードについて説明すると DSM-5(米国精神医学会『精神疾患の分類と診断の手引きー5』)では次にように記述されています。 
A.以下の症状のうち5つが同じ2週間の間に存在し、病前の機能から変化を起こしている。これらの症状のうち少なくとも1つは(1)抑うつ気分 または(2)興味またはよろこびの喪失である。 
(1)その人自身の言葉が他者の観察によって示される、ほとんど一日中、ほ

   とんど毎日の抑うつ気分 
(2)ほとんど一日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活

   動における興味または喜びの著しい減退 
(3)食事療法をしていないのに、有意の体重減少、または体重増加、または

   ほとんど毎日の食欲の減退または増加 
(4)ほとんど毎日の不眠または過眠 
(5)ほとんど毎日の精神運動性焦燥または制止 
(6)ほとんど毎日の疲労感、または気力の減退 
(7)ほとんど毎日の無価値観。または過剰であるか不適切な罪責感 
(8)思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる 
(9)死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、または自殺企図、または自殺するためのはっきりした計画などが

   あり日常生活に障害が生じている場合です。

 

抑うつ状態」はストレスが背景にあり、誰でも一時的に陥った経験はあるでしょう。なんとなく元気がなくなると言った気分状態です。しかしこの双極型障害やうつ病関連の疾患ではそのような「気分」だけでなく、もっと深刻に自分自身を責めたり、活動するエネルギーが枯れ果て、「死」についての思いが沸き起こってくる状態です。

もっとも子どもや青年の場合は「抑うつ気分」が悲しみと言うよりも「イライラ」や「怒りっぽさ」として現れる場合もあります。さらに抑うつエピソードは、必ずしも心だけではなくさまざまな身体疾患の結果として現れることもあり、診断が難しいようです。
必ず専門のお医者さんの診断を受けていただくことをお薦めします。


その関連疾患 <持続性抑うつ症>


持続性抑うつ障害は、このような抑うつエピソードが、ほとんど1日中見られ、少なくとも2年間(子どもや青年期は1年間以上見られることがあるという状態です。いわば慢性のうつ状態で遷延性の抑うつ気分が特徴です。ちなみにこれまでは気分変調症と呼ばれていました。

 

DSM-5から診断基準を抜粋すると、
A..抑うつ気分がほとんど1日中存在し、それのない日よりもある日の方がお置く、その人自身の言明または他者の観察によって示され、少なくとも2年続いている。
B.抑うつ症状は以下のうち2つ以上存在する
(1)食欲の減退または増加
(2)不眠または過眠
(3)気力の減退または疲労感
(4)自尊心の低下
(5)集中力の低下または決断困難
(6)絶望感
などなどですが、こういう状態が見られても「私はいつもこんな風です」「昔からこういう暗い性格でした」的な語られ方になるかもしれません。いずれにしても双極性障害のように躁病的アピソードガ見られたりすることはなく、一定の気分状態が続きます。

このような気分状態でも、日常生活が何とか滞りなくやれているのなら良いのですが、仕事や人間関係にまで影響を与えるようになるとやはり病院に受診する必要があるでしょうね。


その関連疾患 <重篤気分変調症>


これは持続的な易怒性および、または度重なる極端な行動制御不能のエピソードがある子どもに対する診断名です。要するに学校などで見られる「すぐにキレて暴れ出したら手が付けられなくなる」ような状態です。これらのかんしゃくが、大体平均して週に3日以上、一年以上に渡って、学校や家庭などの複数の場面で起きると言うことが求められています。

簡単に診断基準を抜粋すると
A.言語的(例:激しい暴言)および・または行動(例:人や物に対する攻撃)に表出される激しい繰り返しのかんしゃく発作があり、状

 況やきっかけに比べて、強さまたは持続時間が著しく逸脱している。
B.かんしゃく発作は発達の水準にそぐわない
C.かんしゃく発作は、平均して週に3回以上起こる
D.かんしゃく発作の間欠期の気分は、ほとんど1日中、ほとんど毎日に渡る、持続的な易怒性、または怒りであり、それは他者から観察

 可能である。
E.A~Dは少なくとも12か月以上持続している。3か月以上症状が見られないことはない。
F.基準AとDは少なくとも3つの場面(すなわち、家庭、学校、友人関係)のうち2つ以上で存在し、少なくとも一つの場面で顕著である。
などなどです。
ただし単にすぐキレて暴れ出すのなら他の障害(素行症や反抗挑戦症など)でも見られますが、この重篤気分調節症の場合は、暴れていない時でもなんとなくもやもやして怒りっぽい気分が持続している、という点でしょう。つまり全体的に「抑うつ」気分が背景にあるということです。

この障害が「抑うつ障害群」の中に位置づけられたのも、子どもの場合の「うつ」は「怒り」や「いらいら」した気分として表現されやすいという点がります。大人の場合の「抑うつ」のイメージとは異なる場合があることを知っておく方が良いでしょうね