「カウンセリング・心理療法関係」はこちらから検索

最近、有名な芸能人が次々と遺法薬物の所持や使用で逮捕されています。「どうしてまた手を出すのか?」「なぜそれがやめられないのか?」と思う方々も多いでしょうが、それを道徳の問題や本人の意思の弱さの問題、ひいては人格の問題に「不真面目で意志の弱い自己中心的な人格破綻者」という見方をして片付けて良いのでしょうか?...

あなたは悪くない。 あなたのせいではない。 あの人を救えなかった、変えられなかったのは、あなたの努力不足だからではないのです。 もっとこうすればよかった、どうしてもっとできなかったのだろう、と そういう自分を責める考えが頭の中に湧いてきて、 悔やめば悔やむほど、その影は濃くなって行く。 あなたは万能ではない。...
最近よく感じることに、「人は『自分はこういう人間だ』と思うとおりの自分になろうとする」ということがあります。 たとえば「自分はダメな人間だ」と心のどこかで思っていると、その自分に対する見方(自己概念と言います)を守ろうとして、わざわざ「ダメな自分」の演じてしまうのです。...
神戸 カウンセリング オフィス岸井
8月も終わりに近づき、いよいよ小・中・高校などは2学期が近づいたり、地域によってはもう始まっているところもあるでしょう。 この夏は、毎年恒例の先生方向けの研修会などがいくつかあり、やっとそれも一区切りついてホッとしています。...

たまたま本屋で見つけた「答えのない道徳の問題 どう解く?」が面白い! こどもが純粋に発する問いかけは、大人となった私たちをハッとさせたり、タジタジとさせたり、う~~んとうならせたり、ニヤッとたじろがせたり。...

H31年度のアートセラピー研修会について紹介します。 毎年箱庭療法・コラージュ療法を中心に、描画療法を含めた専門家のための実践的アートセラピー研究会を開催し、これで7年目になります。 H31年度は、これまでよりも描画法を中心にした内容を計画しています。 H31年度の予定は、 1)人物画の分析方法と分析の実際 ...
新しいコンテンツが出来上がりました。 タイトルは【大人の発達障害の恋愛問題】「僕は彼女が好きだ。しかし彼女も同じ気持ちだろうか?」です。 リンクは以下をクリック   ➤【大人の発達障害の恋愛問題】「僕は彼女が好きだ。しかし彼女も同じ気持ちだろうか?」   <内容>  ➤まず人を好きになるということは素晴らしいことだということ...
新しいコンテンツができましたので、紹介します。 内容は「自傷行為、リストカットの理解と対応」。 場所は最新ショート・コラムから見ることができます。 リスカを中心とする自傷行為は、自殺の手段をして見られることが多いですが、詳しくは「自殺の手段」と「自傷行為」とは区別した方が良いと思われます。...
どうしてこんなに不幸な出来事が続くのだろう。実の親によって苦しめられ、痛めつけられ、そして命までも犠牲を強いられた子供たち。 もちろんこれは親のしつけなどではない、これは犯罪だ。 しかしこのように破滅的な結果になってニュースに取り上げられる事件の背後に、まだ我々に声が届かない子供たちの存在が無数にいることをわすれてはならないだろう。...

さて、皆さんにクイズです。 第一問:大人になればなるほど、増えていくものは何でしょう? 第二問:大人になればなるほど、減っていくものは何でしょう? 一問目の答えは簡単だ、年齢と体重だろうって?、まあ、それもそうだけど、他にもありませんか?...

さらに表示する