発達障害児・者の異性との関わり方 =女性編①= 「男性は視覚優位な存在」

さて、異性との関わり方について男性を中心に私の思うところをまとめてきましたが。もちろん女性編も取り上げたいと思っています。ただ私は男性ですし、異性との関わり方として男性と共通するところも多いので、女性向けは少し少ないかもしれません。ご容赦ください。

男性は基本的に視覚優位です

男性は基本的に視覚優位の存在です。もちろん個人差はあるかもしれませんが、男性は耳より目からの情報に影響を受けやすいようです。つまり、まず容姿や服装に目が言ってしまうのです。ですから身だしなみやファッションには配慮が必要です。


別におしゃれをした方が良い、というのではありません。自分らしい服装で満足していて、あまり周囲の同年齢のファッションに興味がない人もいますが、時には同年齢の女子がどういいう服装やオシャレに魅かれているか、調べたり取り入れたりすることも良いでしょう。


もちろん、あなたが一人で過ごせる部屋や時間には、あなたらしい身だしなみ服装をすることは自由です。


ただし男性の興味を引くために、あまり奇抜な服装や露出の高い服装をすることは、あなたを利用しようとする男性にもアピールすることを忘れないでください。



☆☆☆☆☆☆☆発達障害・不登校・不適応等のお悩みに☆☆☆☆☆☆

    

    【カウンセリング・オフィス岸井】

  JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分

              ☆初回面接は無料です☆

    電話:090-1243-9646  メールはこちらから