まーくんは今もここにいる「学校へ行けない僕と9人の先生」

「僕」は小学校1年生の時に担任の先生から体罰を受けたことをきっかけに
学校へ行くことができなくなりました。


そこから続く困難な日々。
「学校へ行かなくてはならない」と頭ではわかっていても
こころは「行きたくない」と叫ばずにはいられない少年「まーくん」。



今話題の自伝コミック「学校へ行けない僕と9人の先生」です。



この漫画は、漫画家「棚橋正一」さんの学校へ行けなかった少年時代をつづった作品です。
棚橋さんが学校に行けなくなった少年時代から、

唯一の救いであった漫画を通して、

永遠の憧れのヒーローであり、
「Dr.スランプ」「あられちゃん」「ドラゴンボール」等で大活躍の漫画家鳥山明さんとの出会いを描いた作品です。

 


もちろん、この「まーくん」はもちろん作者の棚橋さんがモデルです。

 

「まーくん」の心の中での自分や周囲の人に語り掛ける言葉は、
学校でスクールカウンセラーをしている私たちには実感を持って迫ってきます。

 

ページをめくるたびに「そうだよね」「そうなんだよね」と、
いつも関わっている子どもたちの顔を思い浮べながら
最後まで一気に読んでしまいました。

 

タイトルにもあるように、「まーくん」は9人の先生と色々な関わりを持ってきました。
先生の人柄や個性も一人一人違うし、教育方針も異なります。
理解し、サポートしてくれた先生もいれば、傷つけられ苦しめられた先生もいるでしょう。

 

人によって傷つけられ、
人によって救われる。

 

この多感な時期に関わる教師や学校関係者の責任や影響力は
子どもたちにとって大人が思う以上に大きいことを改めて思い知らされました。


興味を持たれた方は一度是非お読みください。

☆☆☆☆☆☆☆うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに☆☆☆☆☆☆

    

    【カウンセリング・オフィス岸井】

  JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分

              ☆初回面接は無料です☆

    電話:090-1243-9646  メールはこちらから