愛着を巡って ~甘えたいけど甘えられない~ ④

B子は小学校の高学年から不登校になりました。友だち関係で何かトラブルがあったようです。

 

私は中学校で彼女と関わることになったのですが、彼女の最初の印象はとてもとっつきにくい子だな、と言うものでした。世間話をしても乗ってこない、どこそこへ行ったという話を聞いて「楽しかった?」と聞くと「面白くなかった」と吐き捨てるような返事。

 

遊びに誘っても「気が向けば、ね」と言う程度。最初は嫌われているのかな、何か不必要なことを言ったけ?とも思いましたが、どうやらそうではないらしいのです。

 

担任の先生に聞きと、B子はいつもそういう風に、最初相手を拒否するのだそうです。ブスっとした表情とつっけんどんな物言いで、話しかけた人は戸惑うのだそうです。

 

しかし「当たって砕けろ!(砕けちゃいけませんが・・)」の精神で関わり続けるうち、どうやらB子の本心は全くその逆であることがわかってきたのです。

 

本当は人恋しくて恋しくて仕方がない、甘えたいのだけれど素直になれない。

いわゆるツンデレなんだとわかったのは、かなり時間がたってからでした。

<続く>