カウンセリングを受けるに当たって、よくある質問をまとめました。

     ピカソ<Two cross the hands>
     ピカソ<Two cross the hands>

   

 

 

カウンセリングを受けるに当たって、よくある質問をまとめました。

これ以外にわからないことや疑問の点がありましたら、

問い合わせメールでご質問下さい。

Q:カウンセリングとは何をするのですか?

始めてカウンセリングを受けられる方は一体何をするのか、ご心配なことでしょうね。

 

基本的にはお話をしながら、ご自分の問題を整理し、見つめる作業をしていきます。

その中で、まだご自分の気がついていないことを夢や絵、コラージュ、箱庭などを通して表現し、気づきを増やしていくこともできますが、どういう方法を取るかは、話し合いの上で決めさせていただきたいと思います。

 

 いずれにしても最終的には、今の問題に新たな解決を見つけ出したり、その問題に負けない力を身につけていくことがカウンセリングの目的です。

Q:病院にいくか、カウンセリングを受けるか、迷っています

  何が一番良いのか、迷うところですね。

 

  もし日常生活に大きく支障があるようでしたら、病院に行かれることも大事なことでしょう。薬によってまず症状を緩和することで、日常生活を安心して送ることは大切です。

   その上でさらに気持ちの整理をすることを目指されるのならば、主治医とご相談の上、ご連絡ください。

   また、現在通院中・服薬中の方もかならず主治医の了解を取られた上でご連絡下さい。

Q:夢分析や箱庭療法など経験がないので不安です

カウンセリングにはさまざまな方法があります。

 

もちろんお話しだけで相談されても結構ですし、夢分析や箱庭などに取り組むのもその一つです。各療法については簡単な説明をまとめていますので、夢分析について絵画療法・コラージュ療法・箱庭療法についてをご覧下さい。

 

確かに始めは不安でしょうが、一度体験されれば要領はすぐにつかめると思いますよ。

決して難しいものではありませんし、上手下手は全く関係ありません。

Q:カウンセリングに保険は適用できますか?

  申し訳ありません。

オフィス岸井では保険の適用はできません。

Q:どのくらいの頻度で、どのくらいの回数通えば治るでしょうか?

  この点もよく聴かれる質問です。  

 

  オフィス岸井では、カウンセリングの効果を確保するために、週に1回の面接を原則としています。もし事情がおありの場合はその旨をお伝え下さい。

 

   また期間はそれぞれの問題によって異なりますので、一般的には言えませんが、短い場合で数ヶ月、長い場合は数年単位でお考え下さい。